コンサルティング


経営戦略、経営計画

照顧脚下

 足元を整え、明るく照らし、力強く歩む経営の実現をご支援します。そのためには、ITの活用と人材育成がキーとなります。

 ITを活用した経営とは、経営目標を達成するために、仕事を情報化・見える化して、仕事間の連携性を高め、効果的かつ応答性の高い経営を行うということです。

 しかし、ITを活用した経営への切り替えは中々進まないのが実情です。もし、事業承継をお考えであれば、その機に事業の磨き上げの一環として取り組むことをお勧めします。

業務改善、生産性向上

全機現

 長年、仕事を続けていると、自然と無駄がたまっていくものです。しかし、無駄を放置していると、だんだん会社の風通しが悪くなり、次第に競争力を弱めてしまいます。

 お客様を起点として仕事の流れが整理することで、無駄な仕事を減らし、変化する市場ニーズに他社に先んじて対応することができます。

 そして、ITやロボットといった道具を活用することで、仕事のスピードを上げ、社員の最大のパフォーマンスを引き出すことがきるのです。



製品企画、製品設計

一体一如

 御社の強みとお客様の求めるものが一致した時(一体になったとき)、良い製品・良いサービスが生まれます。

 常に心を静めて謙虚にお客様の声に耳を聴くこと、加えて、御社の強みを真摯に磨きいつでもお客様の期待に応えられるよう極限まで磨き上げておくことが大切です。このような環境の中で、今、何に取り組むべきかを問いかけることが製品企画です。そして、お客様の期待(SQCD)と一体になるように製品を作り込むことが製品設計なのです。

その他、補助金支援など

百尺竿頭一歩

 今後も生き残り成長するためには、「今」を取り組み、一歩一歩を大切に、成果を確認しつつ前進しすることが大事です。

 特にITの活用や自動化を推進したい場合は是非ともご相談ください。補助金の申請だけでなく、改善リーダーの育成や改善成果の評価など、実行面でもご支援いたします。ロボットやIoTの活用においても様々な提案を用意しています。